OCNの光回線で低スペックなパソコンの再利用に成功した

私は6台のパソコンを持っていますが、1台を除いてどれも旧型で低スペックです。最近のサイトを表示するためには、それなりのスペックのパソコンが必要不可欠です。そのため、自宅の押入れには5台ものデスクトップパソコンが眠っていました。

ところが、最近ではローテーションで全てのパソコンを使ってインターネットを楽しむことができています。我が家に光回線を導入したからです。最初はメインの1台だけを使おうと思っていましたが、ひょんなことから考えが変わりました。

スマホのSIMカードを購入したという縁が決め手となり、光回線の業者を決めました。定期的に光回線の新規契約を促すダイレクトメールが郵送されていた点も、契約に踏み切るきっかけになったと思います。ですから、あらかじめ料金を把握できていました。

私の場合は一軒家でなおかつ1Gbpsの通信速度を希望していましたから、月額6千100円のプランに申し込むことになります。正直に言ってしまうと高いですが、期待した通信品質を満たしてくれさえすれば問題ないと考えていました。

工事が完了して初めて接続したのは、中国自動車道の全線を走る車の車載動画を閲覧できるサイトです。いきなり大容量の通信を行うサイトの表示確認を行うことによって、光回線の凄さを実感したいと思いました。その結果、一度も動画の再生が止まることはありませんでした。それだけではなく、画質を最大限まで高めても滞りなく再生できたのです。試しに低スペックのパソコンでインターネットに接続してみると、全く遅さを感じなかったので再利用することを決めました。

光コラボとauひかりはどっちがいいのか

去年の今頃からNTTの光回線卸しサービスである光コラボレーションがスタートしました。光コラボがスタートしたことで、ユーザー側としては料金が安くなったりや受付窓口の一元化といったメリットがあります。ただ、良いことばかりではなく、光コラボを乗り換える場合は電話番号が変わってしまうといったデメリットもあります。

そこで、知っておきたいのはauひかりの存在です。フレッツ光と比べて対応しているエリアは狭いですが、料金の安さ、通信速度に定評があります。あとは名前の通り、auの携帯電話を使っているとセット割が適用されてさらに通信料が安くなります。しかも、家族の人数×固定料分です。

auひかりはエリアに入っていさえすれば光コラボよりも良い選択肢と言えます。唯一光コラボに負けているところとしては入会特典ぐらいでしょうか。光コラボが3万円を超す特典が珍しくない中、auひかりは2万円が天井になります。ただ、この特典の差は2年間の毎月の通信料金の差額で十分逆転できます。トータルのコストでみれば、やはりauひかりに軍配が上がります。

代理店やプロバイダによって特典や入会条件(加入必須オプションなど)が異なるので、キャンペーンの比較はマストです。一括で比較したいならキャンペーン比較サイトの利用がおすすめです。私も実際にauひかりに入会する際は上記のようなサイトをふんだんに活用しました。参考になればと思い、下記にご紹介させていただきますね。

おすすめ参考サイト:1番得するauひかりキャンペーンはこちら